カテゴリー: ことば

冨山房インターナショナル発行  未来を創る本

世界を人間の目だけで見るのはもう止めよう

鈴木孝夫 地球と人類、世界と日本の過去・現在・未来を 鳥瞰した必須の提言 現在の日本を代表する知的巨匠が、言語学の長年の研究から 日本語の特性を説明し、今の世界の政治・経済のままでは地 球と人類が滅亡してしまう危機にあり…
続きを読む

大正期『中央公論』『婦人公論』の外来語研究 ー論と広告にみるグローバリゼーション

髙﨑みどり 編 大正期の代表的な雑誌の本文と広告から言葉を抜き出して分析、外来語の生成と発展の過程をたどる言葉の発達史 <編者紹介> 髙﨑みどり(たかさき みどり) お茶の水女子大学名誉教授 文教大学特任教授 大正期『中…
続きを読む

鈴木孝夫の曼荼羅的世界─言語生態学への歴程

鈴木孝夫 著 言語、自然、環境、社会、政策、文化 知的巨匠・鈴木孝夫の広汎な活動の端緒から現在に至るまでの歴程を明瞭に一望できる《鈴木孝夫の世界》 <内容紹介> 現代の知的宝庫/単行本未収載論考・エッセイ集第一部 初期論…
続きを読む

言語生態学者 鈴木孝夫

矢崎祥子 著 ─ことば・文化・自然・社会─ 現代を直視する言語学者鈴木孝夫その学問の形成過程と理論は私たちに多くのことを教えてくれる 私たちにとって何が必要か、何が人生に充実をもたらすのかを考える。言語学者として鈴木孝夫…
続きを読む

国際言語としての英語 文化を越えた伝え合い

本名 信行 著 世界中に広まっている英語──そこではいろいろな英語が話されている! 世界各地で英語が多様化し、さまざまな変種が発生している。英語は、きわめて多様な文化を反映する言語になっている。英語の文化は、アメリカの文…
続きを読む

鈴木孝夫の世界 第4集 ーことば・文化・自然ー

鈴木孝夫研究会 編 <内容紹介> 2010年3月に「鈴木孝夫研究会」通称「タカの会」が発足して2年。2012年4月で研究会に区切りをつけました。第1回から12回までの先生の講演、軽井沢合宿2回の講演すべてが、ついに、この…
続きを読む

鈴木孝夫の世界 第3集 ─ことば・文化・自然─

 鈴木孝夫研究会 編 <内容紹介> 『ことばと文化』をはじめ数多くの名著を世に送り出した鈴木孝夫氏は、言語社会学者という枠にとらわれることなく、哲学、社会学、心理学、英語学、動物行動学、文化人類学等さまざまな分野に及ぶ考…
続きを読む

悟りの書 いろはの研究

藤野 鸞丈 著 照下 忠 編 人類がかつて持っていた共通のことば、共通の思想、共通の神、 そして共通の願いは何であったのか。 日本語は、地理的関係に護られて、独自の古い形のものを有し ている。自然と共に生き、人を敬い、物…
続きを読む

あなたは英語で戦えますか(国際英語とは自分英語である)

鈴木孝夫 著 <内容紹介> 国際社会を生き抜くために、ことばこそ武器だ。領土・資源摩擦、農産物を含めた貿易摩擦、さらに合法的調査捕鯨への”海賊まがいの妨害”に至るまで、日本を取り巻く国際環境は日を追って厳しさを増している…
続きを読む

鈴木孝夫の世界 第2集 ─ことば・文化・自然─

鈴木孝夫研究会 編 <内容紹介> 鈴木孝夫氏は、『ことばと文化』『人にはどれだけの物が必要か』等の名著を数多く世に送り出してきた言語社会学者です。しかし、学問の枠にとらわれず、哲学、社会学、心理学、英語学、動物行動学、文…
続きを読む