大正期『中央公論』『婦人公論』の外来語研究 ー論と広告にみるグローバリゼーション

冨山房インターナショナル発行  未来を創る本

大正期『中央公論』『婦人公論』の外来語研究 ー論と広告にみるグローバリゼーション

髙﨑みどり 編

大正期の代表的な雑誌の本文と広告から言葉を抜き出して分析、外来語の生成と発展の過程をたどる言葉の発達史

<編者紹介>

髙﨑みどり(たかさき みどり)
お茶の水女子大学名誉教授 文教大学特任教授


大正期『中央公論』『婦人公論』の外来語研究
ー論と広告にみるグローバリゼーション

定価:3,080円(本体2800円+税)

お求めは、こちらから!

2019/1/17
ISBN978-4-86600-054-1 C3081

 

 

 

読者カード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です