カテゴリー: 社会・経済

冨山房インターナショナル発行  未来を創る本

For Happy Life

Edited by Nihon Shitsuke-no Kai 2016年に刊行されました『しあわせに生きる』の英語版です。わたしたちがきちんと 生きていくためにたいせつなこと 子供と親の生活ノート 現在、心を考えずに、…
続きを読む

『都鄙問答(とひもんどう)』と石門心学 ―近世の市場経済と日本の経済学・経営学

由井常彦 日本的経営の諸原則は石田梅岩にある 『都鄙問答』と石門心学の内容と歩みを説く『都鄙問答』は江戸時代中期に石田梅岩が著した商人道の古典です。市場経済が訪れた新しい階級の商人に対し、遵守すべきモラルと経営の心得を説…
続きを読む

まぁるい日本 ーリーダーシップの時代【人を動かす】

吉田 明生 著 「はじめに」(抜粋)より 『多様性、360度全部の人間関係を呑み込んで、目標に向かって進もうとするところに、リーダーの真価が発揮されます』 『・・・多様な人材の能力を如何に引き出すことができるか、如何にし…
続きを読む

家事調停委員の回想 —漂流する家族に伴走して

中島信子著 家事調停委員はどのように問題を解決しているのか 家庭裁判所、簡易裁判所、地方裁判所で調停委員として29年、さまざまな調停事件にかかわってきた著者が、その役割と調停の内容をわかりやすく語る。 夫婦関係、親子関係…
続きを読む

しあわせに生きる

一般社団法人日本躾の会 編 わたしたちがきちんと 生きていくためにたいせつなこと 子供と親の生活ノート 現在、心を考えずに、お金やもの、べんりさ、早さが優先の社会になり、経済は大きくのびましたが、生活は貧しく、日本人ほん…
続きを読む

情報ということば─その来歴と意味内容

小野厚夫 著 「情報」の情報 「情報」ということばが日本で造語されてから日本語として一般化し、定着するまでを中心に、これまで「情報」ということばがどのように使われてきたのか、その履歴をたどる。第1章 「情報」の初出 フラ…
続きを読む

大阪府市エネルギー戦略の提言

大阪府市エネルギー戦略会議 これからのエネルギー社会の具体的指針!原発事故は私たちに生きる道を突き付けた。なぜ事故が起こり、何が問題であったのか。きちんと問題を整理し、これからどうすべきなのかを真摯に考えなければ人として…
続きを読む

原発事故後の環境・エネルギー政策─弛まざる構想とイノベーション

橘川武郎 植田和弘 藤江昌嗣 佐々木聡 編著 3.11後の環境政策とエネルギー政策をグローバルな環境問題、産業および地域振興政策と結び付けて、この問題の第一人者である 橘川武郎と植田和弘が語り、討論する。原発、メルトダウ…
続きを読む

あなたも社会起業家に! ─走る・生きる 十五のストーリー

油井文江 編著  ソーシャルビジネス研究会 取材 <内容紹介> 今、日本ではこれまでと違う働き方・生き方を模索する女性が急増しています。そうした女性の選択肢の一つに社会起業―貧困問題やお年寄り・弱者への支援など社会貢献を…
続きを読む

女たち。まっしぐら!

松島 駿二郎 著 <内容紹介> 歴史を通じて女性たちは、時代のさまざまな制約に縛られてきた。本書は、つねに目前に立ちはだかるさまざまな壁を乗り越え、まっすぐに自分の生きる道をつらぬいた13人の女性たちを取り上げたものです…
続きを読む