女たち。まっしぐら!

冨山房インターナショナル発行  未来を創る本

女たち。まっしぐら!

松島 駿二郎 著
<内容紹介>
歴史を通じて女性たちは、時代のさまざまな制約に縛られてきた。本書は、つねに目前に立ちはだかるさまざまな壁を乗り越え、まっすぐに自分の生きる道をつらぬいた13人の女性たちを取り上げたものです。彼女たちはどのように戦い、生きたのか。現代に生きる私たちに、勇気と元気を与えてくれる1冊です。中身を少しご紹介しましょう。
二度ノーベル賞に輝いたマリー・キュリー
世界で初の女性ピアニストクララ・シューマン
極貧生活をそのまま描いて読者の支持を得た林芙美子
砂漠の女王、イラク建国の母といわれたガートルード・ベル
南米の虫愛づる姫、初の女性博物学者マリア・S・メーリアン
江戸後期革命的な作品を執筆した才女只野真葛 ほか。<編集担当より一言>
「これからは女性の時代です」と著者の力強い言葉に後押しされて、本書が生まれました。国連が定めた「国際女性年」と「国際女性の日」があることも教えて頂きました。「女性の日」は「女性年」に先立って生まれ、今年は100年目。朝日新聞社とフランス大使館主催で、「女性と科学」など日仏共同のイベントがあり、著者に誘われて行って参りました。本書に登場するマリー・キュリーがノーベル化学賞受賞100年ということもあり、盛り上がりました。日本では、なでしこジャパンの快挙があり、女性の活躍がめざましい昨今、志ある女性の背中を押してくれる本です。B6サイズの軽装判なので電車の中でも手軽に読めます。ぜひ、手に取ってください。(S・女性)

<著者紹介>

松島 駿二郎(まつしま しゅんじろう)著

1942年生まれ。上智大学卒。編集プロダクションを立ち上げ、取材で世界100ヵ国を歴訪。著書に『ショショニ族の魂』、『万国酒場見聞録』、『鎖国をはみ出た漂流者』(以上筑摩書房)『ケルト紀行』、『異国船漂流記』(以上JTBパブリッシング)『タスマニア最後の女王トルカニニ』(草思社)『夫婦二人みさき暮らし』(NTT出版)、『探険と冒険の物語』(岩波ジュニア新書)など多数。


 

女たち。まっしぐら!

定価:1,760円(本体1600円+税)

 

お求めは、こちらから!

2011年8月10日
ISBN978-4-905194-18-7 C0095

読者カード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です