家事調停委員の回想 —漂流する家族に伴走して

冨山房インターナショナル発行  未来を創る本

家事調停委員の回想 —漂流する家族に伴走して

中島信子著
家事調停委員はどのように問題を解決しているのか 家庭裁判所、簡易裁判所、地方裁判所で調停委員として29年、さまざまな調停事件にかかわってきた著者が、その役割と調停の内容をわかりやすく語る。
夫婦関係、親子関係で悩まれておられる方々に──。

【主な内容】
第1章 家庭裁判所と家事調停委員 調停委員とは/リークの話…
第2章 調停の申立てから合意成立まで 調停室の現場と守秘義務/調停の中立性/合意の確認と調停成立/子の引渡しの強制執行について…
第3章 離婚調停のAtoZ 協議離婚ができない場合/離婚調停…
第4章 「家」制度の中の家族の姿 「家」制度のもとの家族…
第5章 離婚調停のいくつかのケースレポート 親権の争い/養育費とは/財産分与に関すること/慰謝料に関すること/家庭内暴力…
第6章 遺産分割調停のAtoZ 相続人を確定する/遺言書の存在と検認/具体的な分割方法を決める/遺産相続に附属しがちな争い…

<著者紹介>
中島信子(なかじま のぶこ)
1942年、福島県須賀川市に生まれる。1965年お茶の水女子大学教育学部英文学卒業。1970〜73年米国オクラホマ州オクラホマ市在住。1985、新潟家庭裁判所調停委員就任。2000年、新潟地方裁判所・簡易裁判所民事調停委員就任。2012年、FPIC新潟ファミリー相談室、面会交流援助活動参加。2013年、新潟家庭裁判所家事調停委員退任。2014年、新潟地方裁判所・簡易裁判所民事調停委員退任。

 

家事調停委員の回想
ー漂流する家族に伴走して

定価:1,980円(本体1800円+税)

お求めは、こちらから!

   

ISBN978-4-86600-035-0 C1032

2017年7月25日

読者カード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です