カテゴリー: 物語

冨山房インターナショナル発行  未来を創る本

傷魂ー忘れられない従軍の体験

宮澤 縱一 第二次大戦でフィリピンに従軍した日本の一等兵の記録です。爆撃で傷つき、治療もされないまま密林に置き去りにされ、死の直前に奇跡的に救われて生還した体験が切々とつづられています。「戦争」とはどういうものか、忘れら…
続きを読む

星がかがやくように

田坂 仁 作/高垣真理 絵 愛と平和をテーマとして、私たち人間の生き方を草花の会話になぞらえた童話です。 数々の草花が語り合いますが、その語らいの中に、生きる喜びや、いじめ、差別などの切実な問いかけがあります。個性や違い…
続きを読む

こごろうくんと消えた時間

林原玉枝 文  高垣真理 絵 イタチのこごろうくんの「なんでも おなやみそうだんしょ」に、ふしぎな手紙がとどきました。 王さまから、時間がなくなったのでさがしてほしいと。さあ、こごろうくんは「時間」をみつけだすことができ…
続きを読む

風船爆弾

福島のりよ 著 最後の秘密兵器―風船爆弾太平洋戦争の末期の日本には、気球に爆弾を積んで風まかせに10000キロ離れたアメリカ本土に飛ばす という攻撃の手段しかなく、実際に9千発以上が放たれた。作戦は、すべて秘密に行われた…
続きを読む

明日をつくる十歳のきみへ ─一〇三歳のわたしから

日野原重明 著 「今まで言い切れなかったこと、力をこめて言いたいことを書きました。 《いのちと時間》のことです。」いのちとは自分に与えられた時間のことです。 大切なことは――ゆるしの心を持つこと、おとなになったら自分の時…
続きを読む

本物のモナ・リザはどこに─ココ、パリへ行く

イワン・クーシャン 著 山本郁子 訳 人気の冒険物語〈ココと仲間シリーズ〉 “モナ・リザ”がなくなった!! いったい、どこにあるのか? ココ少年がまきこまれた、ふしぎな事件 <著者紹介> イワン・クーシャン 1933年サ…
続きを読む

十代のきみたちへ─ぜひ読んでほしい憲法の本

日野原重明 著 日本国憲法は「いのちの泉」のようなもの。いのちを守るということについて、これほどしっかりとつくられた憲法は世の中のどこにもありません。 人間の根本にかかわることが憲法に書かれています。 この本は、十代のき…
続きを読む

ココと幽霊

イワン・クーシャン 著 山本郁子 訳 「おまえは幽霊を信じるか?」 クロアチア児童文学の人気作品、ココと仲間シリーズ。『なぞの少年』に続く第2弾! クロアチアでは小学校5年生向けの学校推薦図書になっており、すでに映画化も…
続きを読む

ライ麦をたべたろばのロバート

林原玉枝 作 さとう あや 絵 「ろばのロバートはわるい子です」 こうたろうさんの農場をおいだされたロバートは、どうして、こうたろうさんが怒っているのか、さっぱりわかりませんでした。行くところもなく、なきながら遠くへ行く…
続きを読む

ギリシャ神話〔新版〕

ジェームス・ボールドイン 著 杉谷代水 訳 神々が織り成す壮大な物語!本書は、明治42年に冨山房で発行した『希臘神話』をもとにしております。『希臘神話』は当時、坪内逍遥が「美しい文章」と絶賛し、広く愛読されて名著と評され…
続きを読む