こごろうくんと消えた時間

冨山房インターナショナル発行  未来を創る本

こごろうくんと消えた時間

林原玉枝 文  高垣真理 絵

イタチのこごろうくんの「なんでも おなやみそうだんしょ」に、ふしぎな手紙がとどきました。
王さまから、時間がなくなったのでさがしてほしいと。さあ、こごろうくんは「時間」をみつけだすことができるでしょうか。
コガネグモに、カタツムリの仲間に、カバの時計屋さんに、スズメのお宿に、ブタの村へと探し回ります…。 好奇心旺盛な小学生向けのハラハラする楽しい物語

<著者/挿画紹介>

文 林原玉枝(はやしばら たまえ)
広島県尾道市生まれ。児童文化の会会員。日本児童文学者協会会員。1991年に『おばあさんのすーぷ』(女子パウロ会)で、第一回けんぶち絵本の里大賞を受賞。主な作品に『なおちゃんのハンカチ』『わたしぶね』『ねこの商売』(福音館)、『森のおくの小さな物語』『ライ麦をたべたろばのロバート』(冨山房インターナショナル)など。広島県在住。

絵 高垣真理(たかがき まり)
宮崎市生まれ。多摩美術大学デザイン科染色専攻卒業。絞り染色業界の後、印刷業界のデザイナーをしながらイラストを描く。植物実用書の挿し絵、読み聴かせ絵本(アクティブケイ)、BS ジャパン(テレビ東京)のテレビ絵本など幅広く制作。広島県在住。


 

こごろうくんと消えた時間

定価:1,760円(本体1600円+税)

お求めは、こちらから!

 

ISBN978-4-86600-055-8 C8093

2018年11月

読者カード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です