日野原重明 著

「今まで言い切れなかったこと、力をこめて言いたいことを書きました。 《いのちと時間》のことです。」いのちとは自分に与えられた時間のことです。
大切なことは――ゆるしの心を持つこと、おとなになったら自分の時間を人のために使うこと、 人を助けるために科学を使うこと、夢が生きがいを与えてくれること……
<著者紹介>
日野原重明(ひのはら しげあき)
1911年、山口県生まれ。1937年京都帝国大学医学部卒業。1941年、聖路加国際病院内科医となる。95年の地下鉄サリン事件では 陣頭指揮を取り、同病院に、多数の急患を収容する。
聖路加国際病院名誉院長・同理事長。医師としての活動の傍ら、 子どもたちへの「いのちの授業」や講演会等のため、全国各地を廻る 日々を送る。
著書に「十歳のきみへー九十五歳のわたしから」「働く。ー社会で羽ばたくあなたへ」「To my 10-year-old friends from a 95 -year-old me」「十代のきみたちへーぜひ読んでほしい憲法の本」「To my young friende,―Let’s learn about the constitutions.」「日野原重明のリーダーシップ論」(冨山房インターナショナル)ほか。2017年7月逝去。

 


 

明日をつくる十歳のきみへ
―一〇三歳のわたしから

定価:1,210円(本体1100円+税)

お求めは、こちらから!

2015年4月16日
ISBN978-4-905194-90-3 C8095