カテゴリー: はらだ たけひで

冨山房インターナショナル発行  未来を創る本

しろいおひげの人

はらだ たけひで 著 老女と少女、猫とあひるに、ーー人生の節目に、心にしみいる、絵とことばをおくります。 <著者紹介> はらだ たけひで 1954年東京生まれ。1975年、岩波ホールに入社、1978年にグルジア映画『ピロ…
続きを読む

パシュラル先生の四季

はらだ たけひで 著 あなたの心のそばに大切においてください。 ふんわりとま白い雲のようなおひげの先生のお話。パシュラル先生は、ふだん心のなかのどこか、ほし草のように気持ちのよいところで暮らしています。そしてうっかり忘れ…
続きを読む

フランチェスコ

はらだたけひで 作・絵 <内容紹介> 中世イタリアの聖人の半生を心やさしく描いた絵本 12世紀末、イタリアのアッシジの裕福な家に生まれたフランチェスコ。若いときは放蕩生活を送っていたが、後に目覚めて、清貧の信仰生活を送る…
続きを読む

こころには森がある パシュラル先生のはるかな旅

はらだたけひで 絵と文 <内容紹介> はらだたけひで氏の人気の詩画集、パシュラル先生シリーズです。 「わたしたちの こころには森がある」と静かな語りで始まり、パシュラル先生が案内役となり、森の小道をふみ分けて、読者を繊細…
続きを読む

放浪の画家 ニコ・ピロスマニ─永遠への憧憬、そして帰還

はらだたけひで 著 <内容紹介> 『百万本のバラ』として加藤登紀子さんの歌で知られる貧しい絵描き・ピロスマニの生涯を書き下ろしたものです。 ピロスマニは日々の糧とひきかえに、店の看板や壁に飾る絵を描き続け、孤独と放浪の人…
続きを読む

大きな木の家 わたしのニコ・ピロスマニ

はらだ たけひで 絵と文 ・全国学校図書館協議会選定図書映画「ピロスマニ」や、名曲「百万本のバラ」のモデルとなった、 グルジアの孤高の画家=ニコ・ピロスマニ。 日野原重明「十歳のきみへ」の挿画を手がけた著者が、 積年の思…
続きを読む