こころには森がある パシュラル先生のはるかな旅

冨山房インターナショナル発行  未来を創る本

こころには森がある パシュラル先生のはるかな旅

はらだたけひで 絵と文

<内容紹介>
はらだたけひで氏の人気の詩画集、パシュラル先生シリーズです。
「わたしたちの こころには森がある」と静かな語りで始まり、パシュラル先生が案内役となり、森の小道をふみ分けて、読者を繊細で美しい世界へいざないます。
主人公のパシュラル先生は、フランスの哲学者ガストン・バシュラールをヒントに生まれた、はらだたけひで氏の心の中に住む住人。ひょっこり現れて氏の話し相手になったり、やさしい夢の世界へいざなってくれます。  人は誰もが何かを抱えて生きています。抱えることが重くなった時、本書を開いてください。そして、パシュラル先生と一緒に旅に出てみましょう。きっと、安らぎや癒しや、あなたの求めるものにめぐり会えることでしょう。美しい絵の中から、やさしく奏でるドビュッシーの音楽が聞こえてくるかもしれません。ぜひ書店で手に取ってください。
また、はらだ氏のまぼろしの名作、シリーズ初期の『パシュラル先生』と、聖フランチェスコを描き平和への願いをこめた『フランチェスコ』が近々、刊行の予定です。どうぞお楽しみに!<編集担当より一言>
<著者紹介>
はらだ たけひで
1954年東京生まれ。1975年、岩波ホールに入社、1978年にグルジア映画『ピロスマニ』(配給は日本海映画)の公開にたずさわる。1989年に初めての創作絵本『パシュラル先生』(産経児童出版文化賞)を発表。第二作『フランチェスコ』でユニセフ=エズラ・ジャック・キーツ国際絵本画家最優秀賞を受賞。以降、パシュラル先生のシリーズのほか、『大きな木の家 わたしのニコ・ピロスマニ』『放浪の画家 ニコ・ピロスマニ ー永遠の憧憬、そして帰還』など。挿画も『十歳のきみへ』『森のおくの小さな物語』(共に冨山房インターナショナル)など多数ある。

 

こころには森がある パシュラル先生のはるかな旅

定価:1,430円(本体1300円+税)

お求めは、こちらから!

2012年8月17日
ISBN978-4-905194-43-9 C0793

読者カード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です