パシュラル先生の四季

冨山房インターナショナル発行  未来を創る本

パシュラル先生の四季

はらだ たけひで 著
あなたの心のそばに大切においてください。
ふんわりとま白い雲のようなおひげの先生のお話。パシュラル先生は、ふだん心のなかのどこか、ほし草のように気持ちのよいところで暮らしています。そしてうっかり忘れそうになると、ひょっこりとあらわれて、よい話し相手になってくれたり、やさしい夢の世界へといざなってくれます。そんなやわらかな、白い雲のような、私のたいせつな人です。
「こころには森がある パシュラル先生のはるかな旅」あとがきより
<著者紹介>
はらだ たけひで
1954年東京生まれ。1975年、岩波ホールに入社、1978年にグルジア映画『ピロスマニ』(配給は日本海映画)の公開にたずさわる。1989年に初めての創作絵本『パシュラル先生』(産経児童出版文化賞)を発表。第二作『フランチェスコ』でユニセフ=エズラ・ジャック・キーツ国際絵本画家最優秀賞を受賞。以降、パシュラル先生のシリーズのほか、『大きな木の家 わたしのニコ・ピロスマニ』『放浪の画家 ニコ・ピロスマニ ー永遠の憧憬、そして帰還』など。挿画も『十歳のきみへ』『森のおくの小さな物語』など多数ある。

 

パシュラル先生の四季

定価:1,760円(本体1,600円+税)

お求めは、こちらから!

 

2016年5月26日
ISBN978-4-86600-012-1 C0793

読者カード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です