カテゴリー: 谷川 健一 

冨山房インターナショナル発行  未来を創る本

谷川健一コレクション6

谷川健一 著 野の巨人の歩み。折にふれて書きとどめた論考・随想・うたなど。2013年に完結した『谷川健一全集』(全二十四巻)の未収録作品を収集した、貴重なコレクション全6巻の第6回配本(完結)。 「谷川健一コレクション」…
続きを読む

谷川健一コレクション5

谷川健一 谷川地名学の形成とその真随。日本の歴史と魂、英知を刻する「日本人の遺産」の豊饒な世界。2013年に完結した『谷川健一全集』の未収録作品を収集した、貴重なコレクション全6巻の第5回配本。 「谷川健一コレクション」…
続きを読む

谷川健一コレクション4

谷川健一 日本の神と文化 1.日本の神々 2.日本文化の基層日本人にとって神とはどのようなものであったのか。自然の律動に神の歓び、怒り、悲しみと交感して、深い信仰心とともに遊び、祝祭した民俗の神の世界。そして生活文化の基…
続きを読む

谷川健一コレクション3

谷川健一 日本の原像ー民俗と古代 1.わたしの民俗学 2.古代の風景民俗学から日本古代史の謎への壮大な挑戦。柳田国男・折口信夫・南方熊楠らの精神と学問を継承し、日本人とその文化の根源をもとめて、古代とその先まで射程を延ば…
続きを読む

谷川健一コレクション2

谷川健一 沖縄へ、日本の原郷を求めて。民族と文化の源流にむかう諸論稿。沖縄の文化的・思想的自立への熱い思索の初期論考を中心にー。2013年に完結した『谷川健一全集』(全二十四巻)の未収録作品を収集した、貴重なコレクション…
続きを読む

谷川健一コレクション1

谷川健一 『谷川健一全集』は壮大な谷川民俗学の代表作に加え、創作活動を含めた主な業績を納めました。 ここに新たに編まれる「谷川健一コレクション」1~6は全集未収録作品を編纂、とくに初期評論の諸論稿をもれなく収録しました。…
続きを読む

柳田民俗学存疑 稲作一元論批判

谷川 健一 著 遺 著 柳田国男によって開かれた「民族的な私」の自覚に導かれて未踏の 民俗世界の内奥に分け入った谷川民俗学が最後に提示した柳田稲作一元論への 根源的な疑義と批判の書柳田は私にとっては民俗学の世界に眼を開か…
続きを読む

露草の青 歌の小径

谷川 健一 著 2011―13年まで『NHK短歌』に連載され、和歌、俳句、琉歌、風俗歌、謡曲など西洋の詩とはちがった長いいきさつを辿ってきた日本の歌の始原と豊かさを縦横に描いて、大きな反響を呼んだ「はるかなる歌よ」をはじ…
続きを読む

谷川健一全集 第24巻 総索引 年譜 収録作品一覧

谷川 健一 著 全集最終巻の中心となる総索引は、多岐にわたるさまざまなテーマが論究されている谷川民俗学の特色を反映するとともに利用者の検索の便宜性をはかるように、索引を6つの項目に分類した。 また、年譜には主要な著作を年…
続きを読む

地名は警告する 日本の災害と地名

谷川 健一 編 北海道・東北から九州・沖縄まで、地名にこめられた警鐘を、 私たちは、どこまで真摯に聴きとれるのだろうか。各地の第一人者による災害地名探索。「それらの地名は、ここは危険な地域だから、ふだんから警戒を怠らぬよ…
続きを読む