砂漠の中の大きな木 ー月と砂漠と少年の物語

冨山房インターナショナル発行  未来を創る本

砂漠の中の大きな木 ー月と砂漠と少年の物語

川島宏知・作
はらだ たけひで・絵

砂漠のなかに町を覆うような一本の大きな木がありました。その木のもとに人びとは楽しく生活していました。
大きな木は暑さから守ってくれ、その木の実を食べ、井戸からは水を得ていました。
人びとは「いのちの木」と大切にしていました。そこにどこからか一人の男がやってきて、木の実をたくさんとり始めました。すると、人びとの心に変化が生じ、人びとの生活が変わっていきました。そして、ついに……。

<作者/挿画紹介>

作:川島宏知(かわしま こうち)
1946 年、高知県宿毛市生まれ。俳優・声優。舞台芸術学院、劇団三十人会を経て、演出等を経験。現在、ひとり芝居「天の魚(いを)」を東本願寺・和光大・東大駒場などで全国展開中。他に朗読公演等幅広く活動。小説に「想憶のシンフォニー」がある。

絵:はらだ たけひで
1954 年、東京生まれ。信州等の山間を放浪後、岩波ホールに入社し定年退社。1990 年に絵本第一作『パシュラル先生』で産経児童出版文化賞入賞。1994年にユニセフの国際絵本画家最優秀賞受賞。その後、多くの著書、挿絵を手がける。


 

砂漠の中の大きな木
ー月と砂漠と少年の物語

定価:1,760円(本体1600円+税

お求めは、こちらから!

 

ISBN978-4-86600-090-9 C8093

2020年12月

読者カード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です