円空流し

冨山房インターナショナル発行  未来を創る本

円空流し

松田 悠八著

・小島信夫文学賞(『長良川 スタンドバイミー1950』)作家が瑞々しい 岐阜言葉で描く、1950年代の高校群像。 演劇部の女優に一目惚れした少年たちは、こぞって岐阜の高校を目指す。 舞台づくりに没頭する「ぼく」たちの高校生活。卒業行事「白線流し」を端緒に、 肉親の死、土地に縁のある円空仏などが折り重なる。 「岐阜新聞」大人気連載小説、待望の書籍化。
<著者紹介>
松田 悠八(まつだ ゆうはち)
1940年岐阜市生まれ。長良小学校、長良中学、岐阜高校を経て、早稲田大学文学部入学。卒業後、出版社に勤務。主な編集担当書籍に『パパラギ』『海からの贈り物』『モンゴメリ日記』がある。その後、独立してフリーになり、処女作『長良川 スタンドバイミー 1950』(作品社)で第三回小島信夫文学賞を受賞、作家活動に入る。

 


円空流し

定価:1,760円(本体1600円+税)

お求めは、こちらから!

2009年11月13日
ISBN978-4-902385-72-4 C0093

読者カード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です