三国志 素顔の英雄たち(下巻)

冨山房インターナショナル発行  未来を創る本

三国志 素顔の英雄たち(下巻)

易中天 著
鋤柄治郎 訳
曹操・孫権・劉備亡き後、遺された孔明はどのような政治を行ったのか。赤壁の戦いの後に焦点をあて、英雄たちの遺志を遺された者たちが受け継いでいく姿を描いた、一味違った三国志本。待望の下巻、ついに刊行!
<著者紹介>
易 中天(い ちゅうてん)
1947年生まれ。湖南省長沙市出身。武漢大学文学部修士課程修了。現在、廈門大学人文学院教授。中国中央電視台の番組『百家講壇』で「品三国」などの講座を担当、ユーモアあふれる語り口で人気を博し、空前の視聴率をあげた。

 

三国志 素顔の英雄たち 下巻

定価:2,750円(本体2500円+税)

お求めは、こちらから!

2009年6月29日
ISBN978-4-902385-75-5 C0022

読者カード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です