カテゴリー: 芸術・芸能

冨山房インターナショナル発行  未来を創る本

伊勢神宮―中野晴生写真集

写真 中野晴生 清々しく身を包んでくる伊勢神宮の神気あふるる 深い森、空に向かって伸びる千古の杉や四季の移 ろい、式年遷宮や神宮年中の祭儀や諸行事などを 網羅した珠玉の写真集。 壮大で崇高な写真155点【内容】 常若/内…
続きを読む

曼荼羅と仏画に挑んだ 小倉尚人 永遠の求道

小倉幸夫  編 すぐれた構図、緻密で完璧な描写と色彩の美しさ ――いまだ世に知られていない天才画家の作品と生涯 <画家紹介> 小倉尚人(おぐら なおと) 1944年に満州(旧地名)生まれ。2009年64歳で世を去りました…
続きを読む

出雲大社―中野晴生写真集

写真 中野晴生 日本人の祖先が育んだ日本人の精神文化の結晶 崇高な写真145点大神の神殿/神迎祭/神在祭/神等去出祭/ 大國主大神の宮殿/御修造/平成の大遷宮/お祭り>>写真集の概要はこちらをご覧くださいませ。 <写真家…
続きを読む

四季のふるさと うたのたより―なつかしい童謡・唱歌・こころの歌とともに わたしの想い出ノート (新版)

編 望月 平 絵 近藤 泉 ♪世界で一冊のあなただけのこころの絵本♪なつかしい「うたの絵本」です。 なつかしいあのころの童謡・唱歌を楽しむ絵本です。 想い出を綴る「メモリーブック」です。 自分のこと、家族や友人や忘れられ…
続きを読む

ドヴォㇽジャーク─その人と音楽・祖国

黒沼ユリ子 大作曲家の真の人間像が、数々の 名曲が、鮮やかによみがえる! ドヴォㇽジャークの国チェコで学び、メキシコに在住 し、国際的に活躍している著者が、ドヴォㇽジャーク というひとりの人間を通して、「音楽」が、そして…
続きを読む

父、中村富十郎 ─その愛につつまれて─

渡邊 正恵 編者 立方・踊りの名手、人間国宝五代目中村富十郎が他界して7年、 その卓越した芸は、長男大(初世中村鷹之資)、長女愛子に引き 継がれている。富十郎の晩年の十余年、家族四人は楽しい生活と 厳しい芸の伝承の日々を…
続きを読む

能『高砂』にあらわれた文学と宗教のはざま

島村眞智子 著 世阿弥は「翁」をまぶたに追いつつ、修羅の生涯を生きた。そのはじめ「児(ちご)」と呼ばれた少年の頃から成人までを境界領域から考究した書。 第一編 北方の古儀復興と再編 中世の時空と神々/神々と舞歌─院政期の…
続きを読む

ヘンリック・ヴェニャフスキ─ポーランドの天才バイオリニスト、作曲家

エドムンド・グラプコフスキ 著 足達和子 訳 日本初の評伝 ヘンリック・ヴェニャフスキは、世界のバイオリン界で最も優れた個性の19世紀中期の、ポーランドのバイオリニストである。また、彼の作品は今も生き、最も著名なバイオリ…
続きを読む

ごはんたべたか?

写真/文 平田栄一 清純な人々とエネルギーを見た。「ごはん たべたか?」(チー吃ファン饭ラ了マ吗?)は、中国で親しい間柄の庶民がよく使う挨拶。 中国西南部の雲南省に語学留学し、同時に日本雲南聯誼協会特命支部長として、貧困…
続きを読む

ヴァイオリンに生きる

石井 髙 著 ヴァイオリン作り50年 イタリア・クレモナ在住の職人が修業時代からストラディヴァリの秘密まで ヴァイオリンの魅力を存分に語る。 故郷、師匠、家族、クレモナの生活…… 人とヴァイオリンの魂の交流! ヴァイオリ…
続きを読む