カテゴリー: 児童書

冨山房インターナショナル発行  未来を創る本

にほんよいくに4 すばらしい伝統

葉室 賴昭 著 絵と文で親子で楽しむ《にほんよいくに》 現在の世の中は、ものは豊かになりましたが、民族の伝統や心を失って しまいました。日本は、世界でも珍しいすばらしい人生観で生きてきた 民族で、祖先はそれをずっと伝えて…
続きを読む

パシュラル先生の四季

はらだ たけひで 著 あなたの心のそばに大切においてください。 ふんわりとま白い雲のようなおひげの先生のお話。パシュラル先生は、ふだん心のなかのどこか、ほし草のように気持ちのよいところで暮らしています。そしてうっかり忘れ…
続きを読む

にほんよいくに3 神社のおまつり

葉室 賴昭 著 絵と文で親子で楽しむ《にほんよいくに》 神社には一年中たくさんのおまつりがあります。 なぜなら、ずっと昔は、神社のおまつが、そのまま毎日の生活にむすびついていたからです。 みんなのふだんの生活のなかにも、…
続きを読む

にほんよいくに2 イノチをつたえる

葉室 賴昭 著 絵と文で親子で楽しむ《にほんよいくに》 みんなの知らないずっと昔の人が、がんばって、みんな のためにのこしてくれた、自然や伝統や日本のいろんな たからもの。わたしたち日本人は、それをどのようにし て守り、…
続きを読む

にほんよいくに1 日本の神さま

葉室 賴昭 著 絵と文で親子で楽しむ《にほんよいくに》 日本人には、祖先たちがたえまなく伝えてきたかけがえのない伝統があります――すべてのものとひとつになって生活しようという共生という生き方、神さまや祖先のおかげで生かさ…
続きを読む

かいじゅうのたからもの

ひさまつ まゆこ さく・え たいせつなものをおしえてくれる《こころの絵本》 おかのうえの おおきなきのしたに まっくろな 6ぽんあしの かいじゅうが くらしていました。じぶんを みにくいとおもっていた かいじゅうに ある…
続きを読む

アンデルセン童話 おやゆび姫 最新版

編 楠山正雄 畫 初山 滋 大正期の名著 ― 今なお斬新な画と情緒ある現代文で甦る!<内容紹介> おやゆび姫 マッチ売りの少女 ひこうかばん みにくいあひるの子 一本足のヘイタイ ひなぎく クリスマスの木 天使 アンデル…
続きを読む

おどる詩 あそぶ詩 きこえる詩

はせみつこ 編 飯野和好 絵 読んで楽しく心おどる詩を、ことばの魔術師・故はせみつこ氏が存命中に膨大な詩のなかから六十余篇を選出し、これに飯野和好氏が渾身の絵を描いた珠玉のアンソロジーがここに誕生いたしました! 本書は、…
続きを読む

To my young friends, Let’s learn about the constitutions.

Shigeaki Hinohara Translated by Fujiko Hara with Martin Blakeway 2014年弊社より刊行した『十代のきみたちへ―ぜひ読んでほしい憲法の本』 の英語版です。 …
続きを読む

明日をつくる十歳のきみへ ─一〇三歳のわたしから

日野原重明 著 「今まで言い切れなかったこと、力をこめて言いたいことを書きました。 《いのちと時間》のことです。」いのちとは自分に与えられた時間のことです。 大切なことは――ゆるしの心を持つこと、おとなになったら自分の時…
続きを読む