アンデルセン童話 おやゆび姫 最新版

冨山房インターナショナル発行  未来を創る本

アンデルセン童話 おやゆび姫 最新版

編 楠山正雄
畫 初山 滋
大正期の名著 ― 今なお斬新な画と情緒ある現代文で甦る!<内容紹介>
おやゆび姫 マッチ売りの少女 ひこうかばん みにくいあひるの子
一本足のヘイタイ ひなぎく クリスマスの木 天使
アンデルセン童話の代表作が総ルビ付きで。
<著者・畫 紹介>
楠山正雄(くすやま まさお)編
1884(明治17)年、東京銀座生まれ。早稲田大学英文科卒。早稲田文学社、読売 新聞社を経て、冨山房に入る。児童書の編集、百科事典の編集、翻訳、創作、演 劇評論を行う。その数は膨大である。1950(昭和25)年、死去。
初山 滋(はつやま しげる)画
1897(明治30)年、東京浅草生まれ。10歳で狩野派の大和絵を学び、11歳で丁稚奉公に行き、着物の柄を描く。23歳で雑誌『おとぎの国』の表紙や口絵を描く。その後多くの雑誌、児童書、教科書などの挿絵を描く。線と色彩の詩人と言われ高く評価されている。1973(昭和48)年逝去。

 

アンデルセン童話 おやゆび姫【最新版】

定価:2,640円(本体2400円+税)

お求めは、こちらから!

 

2015年6月28日
978-4-905194-93-4 8097

読者カード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です