病気知らずの子育て ─忘れられた育児の原点【改訂版】

冨山房インターナショナル発行  未来を創る本

病気知らずの子育て ─忘れられた育児の原点【改訂版】

西原 克成 著
<内容紹介>
母乳中心、おしゃぶり、ハイハイの大切さ、かつて世界で最もすぐれていた日本の子育てあたりまえで画期的な育児法を公開心も体もあたたかく育てよう〔西原流育児法:7つのポイント〕
その1:母乳育児が基本。あるいは乳幼児用粉ミルクを。
その2:口呼吸を改め、鼻呼吸に。
その3:必ずあおむけで寝かせる。
その4:緑便・血便は危険信号。
その5:赤ちゃんはいつも温かく。
その6:赤ちゃんの体温は37.5℃がベスト。
その7:ハイハイ期間がとても大切。改訂版には「赤ちゃんのまめ知識」を新設しています!
<著者紹介>
西原 克成(にしはら かつなり)
1940年神奈川県生まれ。西原研究所所長、日本免疫病治療研究会会長、医学博士。通称「ミトコンドリア博士」。
1965年、東京医科歯科大学卒業。71年、東京大学医学部大学院博士課程を修了し、東京大学医学部口腔外科講師となる。東大医学部付属病院で長く臨床に携わると同時に、実験進化学の研究を進め、そうした進化学の研究成果をもとにさまざまな免疫病のメカニズムを解明し、根本的な治療方法を確立。それにより実際に大きな治療実績をあげてきた。

 

病気知らずの子育て
ー忘れられた育児の原点【改訂版】

定価:1,760円(本体1,600円+税)

お求めは、こちらから!

 

ISBN978-4-86600-039-8 C0047

2017年10月25日

読者カード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です