ゲルニカ —ピカソ、故国への愛

冨山房インターナショナル発行  未来を創る本

ゲルニカ —ピカソ、故国への愛

文・図版構成 アラン・セール
訳 松島京子
<内容紹介>
ピカソは、なぜゲルニカを描いたのか。ゲルニカは、何を語っているのか。ゲルニカを知る。ピカソを知る。芸術を知る。人間を知る――。あなたも、そしてみんなと、考えてみよう。
わたしたちの「今」を考えるうえで、ゲルニカはとても大切なことを教えてくれます。この本は、ピカソの生涯と作品の特徴もよくわかります。ルビがついているので小学生から読めます。中学の美術の教科書には必ず数ページにわたり取り上げられています。教育界で重視されています対話型鑑賞教育にも最適です。
世界の国々でベストセラーの日本語版
<著者・訳者紹介>
アラン・セール Alain Serres 文・図版構成
1956年、フランス生まれ。元幼稚園教諭。1996年、出版社リュウ・ド・モンド社をおこす。子供が世界のことをもっと知りたいと思うような本など、著作は50冊におよぶ。

松島 京子 訳(まつしま きょうこ)
学習院大学卒。1965年より2年間フランスに滞在しフランス語を学ぶ。
帰国後、日本語教師、企業のフランス語の翻訳など。

 

ゲルニカ ーピカソ、故国への愛

定価:3,080円(本体2800円+税)

お求めは、こちらから!

2012年4月23日
978-4-905194-32-3 C0071

読者カード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です