心に咲いた花 ─土佐からの手紙

冨山房インターナショナル発行  未来を創る本

心に咲いた花 ─土佐からの手紙

大澤重人 著

毎日新聞高知版の人気コーナー「支局長からの手紙」が一冊に!毎日新聞高知支局長が、「縁の大切さ」を学び、「聴くことの大切さ」を知り、書き続けた人間ドラマ。 高知県の歩み、風土、伝統、生活を題材とし、人々の強さ、優しさ、苦しみ、悩みを描いています。
ここには、日本全国に通じる共通課題があり、現代の社会をどのように生きるか、深く考えさせるものがあります。
心のこもったことばで綴られた本書を読むことによって、わたしたちは明日を迎える糧が得られ、一輪の花を得ることができます。
<著者紹介>
大澤 重人(おおざわしげと)
1962年、京都府舞鶴市に生まれる。1986年、明治大学政治経済学部卒業。毎日新聞社入社。
高松、大津支局、編集制作センター副部長(デスク)などを経て、 2008年4月から2011年4月、高知支局長。
2011年5月より、周南支局長。


心に咲いた花 ー土佐からの手紙

定価:1,980円(本体1800円+税)

お求めは、こちらから!

2011年7月12日
ISBN978-4-905194-12-5 C0095

読者カード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です