新版 宮古史伝

冨山房インターナショナル発行  未来を創る本

新版 宮古史伝

慶世村 恒任 著
「(宮古島は)大陸の沿海なら むしろ忘れられてもよい程の小地であるが、 洋上に位置するだけに、 海に浮んで移動した民族の足がかりとなり、 かなりの史料を蔵して今日に及んだ。 (中略)むしろ宮古を知って沖縄や八重山の何等かの解決はつくとも、 沖縄や八重山を知るだけでは宮古の何物も解決されないのである」(本文より) 宮古島を語るには必読の文献、ついに復刊。(付録・宮古民謡集)

 

新版 宮古史伝

定価:5,500円(本体5000円+税)

2008年11月28日
ISBN978-4-902385-66-3 C3021

読者カード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です