南海漂蕩 ミクロネシアに魅せられた土方久功・杉浦佐助・中島敦

冨山房インターナショナル発行  未来を創る本

南海漂蕩 ミクロネシアに魅せられた土方久功・杉浦佐助・中島敦

岡谷 公二 著
戦前戦後、ミクロネシア諸島・パラオに魅了された、三人の日本人がいた。
彼らはなぜ“南”に生きたのか。
日本が南洋政策を進めていた最中に、重なり合った日本人たちの生涯。
美術史・民俗学的視点から、その魂の行方を追う。
<著者紹介>
岡谷 公二(おかや こうじ)
1929年生まれ。東京大学文学部美学美術史学科卒業。著書に「郵便配達夫シュヴァルの理想宮」(河出文庫)、「レーモン・ルーセルの謎」(国書刊行会)、「柳田国男の青春」(筑摩書房)、「神の森 森の神」(東京書籍)など、他に訳書も多数。

 


南海漂蕩
ミクロネシアに魅せられた土方久功・杉浦佐助・中島敦

定価:2,640円(本体2400円+税)

お求めは、こちらから!

2007年11月29日
ISBN978-4-902385-51-9-C3071

読者カード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です