死にゆく子どもを救え-途上国医療現場の日記

吉岡 秀人著 子どもの死亡率が高い国で、限られた器具や施設・人員、手術中の停電など悪条件の中で、奮闘している吉岡医師。若いスタッフの教育も担っています。 先の戦争の傷あとが残る町に、その傷あとをうすめるため、そして恩返し…
続きを読む