お酒とのかしこいつきあい方|153

冨山房インターナショナル発行  未来を創る本

第153回
2019年11月15日「お酒とのかしこいつきあい方」

ゲスト:廣中直行さん
(日本 アルコール・アディクション 医学会理事)

 

楽しいお酒は食べ物をおいしくし、 人間関係をなめらかにしてくれます。その一方で、お酒の飲み過ぎは健康をそこねる原因になり、アルコール依存による様々な問題を引き起こします。
お酒に含まれるエチルアルコールは小さな分子で、 その作用は複雑です。今回はアルコールの薬理学や、近年導入されたアルコール依存治療薬について解説しながら、お酒と上手につきあうにはどのような工夫が必要なのかを考えます。


今回のデザート


【参加者からの言葉】
大変面白かったです。テーマにあったお菓子も美味しかったです。ありがとうございました。(30代 女性)
面白かったです。お酒は楽しくが好きです。デザートもとっても美味しかったです。(50代 女性)
大変興味深く伺いました。ありがとうございました。楽しかったです。(60代以上 女性)
前半はもちろんですが、後半の雑学がとても楽しかったです。(50代 女性)
とても楽しかったです。素人の私にも理解できて、大変勉強になりました。ゲーム依存症についても、お話を聞きたいです。(50代 女性)
アルコールの脳への影響、治療薬のメカニズムなど、わかりやすく説明していただけた。質疑の内容も楽しいものでした。楽しい雰囲気の中でアルコールを楽しみたいと改めて思いました。(女性)
身近な話題だが、意外に基本的なことを科学的に知ることができて、大変参考になりました。ありがとうございました。楽しいお酒とのつき合い方を増やしていきます。(60代以上 男性)
とても役に立つテーマでした。時間的、場所も問題ありませんでいた。 (50代 男性)
科学的なお話から、楽しい日常的なお話まであって、良かったです。(60代以上 女性)
大変解りやすく、為になった。(60代以上 男性)

#サイエンスカフェ