液体の塩が世界を変える!|139

冨山房インターナショナル発行  未来を創る本

 

第139回

2018年12月21日(金) 18:30~20:30

液体の塩が世界を変える!

ゲスト:大野 弘幸さん(東京農工大学長)


毎回のデザートは、

salon de folioのスタッフがサイエンスカフェの内容に合わせておつくりしています。

今回のデザート


 

【参加者からの言葉】
今回が初めてでしたが、興味深く聴くことができました。難しい言葉がわからない私でも楽しめましたので、また機会があれば参加してみたいと思います。(50代 女性)
大変興味深いお話でした。皆様からの質問により、さらに理解が深まりました。幅広い分野への対応が講師の先生との距離が近く、とても良かったです。次回の楽しみにしています。(30代 女性)
初めて聴くテーマでしたが、先生のお話がとてもわかりやすく、素人でも楽しめました。地球を救うという夢のあるメッセージも素晴らしかったです。先生には今後もぜひご研究を続けて頂きたいです。ありがとうございました。(50代 女性)
「イオン液体」について、ありがとうございました。楽しく拝聴させていただきました。液体の塩に大変に興味を感じさせていただきました。「身近の塩」のサイエンスを深く研究なさられて居られますことに有難く勉強させて頂きました。(60代以上 女性)
近未来に期待するお話と、太古、生命の起源を想像させる壮大なお話し、とても有意義な時間をなりました。(40代 女性)
大野先生のお話はもちろんのこと、参加者の方のお話も楽しませていただきました。とても夢と可能性のあるお話で、大変興味深く学ばせていただきました。ありがとうございました。(10代 女性)
私は文化系の人間ですが、高校の科学の知識でもとても分かりやすくお話していただき、楽しかったです。様々な興味がわいてきました。(60代以上 女性)
お茶とデザートをいただきながら、興味深い知らなかった世界のお話を伺うことができました。時間帯、あと30分遅かったら参加しやすい。(50代 女性)
大野先生のご講義をうかがうと、イオン液体の無限の可能性を感じました。特にバイオマス電池は、今後の地球環境を良くする大きな鍵になると感じました。是非、実現させて欲しいです。(40代 女性)
イオン塩体は、まだ具体的に世界を変えるものには応用されていないようだが、とても可能性を感じさせてくれる話だった。(60代以上 男性)

#サイエンスカフェ