モビリティを支えるタイヤとナノテクノロジー|70

冨山房インターナショナル発行  未来を創る本

 

第70回

2012年10月5日(金) 18:30~20:30

 

「モビリティを支えるタイヤとナノテクノロジー」

 

森本芳之さん
(株式会社ブリヂストン取締役 常務執行役員 製品開発管掌 兼 生産技術管掌)


 

 

今回のデザート


【参加者からの言葉】
わかりやすい話と質問で、たいへん参考になった。(60代以上・男性)
参加されている皆様が真剣に森本さんの話を聞いておられ、とても有意義な会なのだなと思いました。弊社の開発技術についてご理解いただき、たいへん嬉しく思います。(20代・女性)
サイエンスカフェ、70回おめでとうございます。ようやく診断も確定し、あとは入院加療さえすれば寛解というところまでまいりました。最近休みがちですが、早く元気になって、また皆出席の記録を確立したいと思っております。(男性)
今までのサイエンスカフェで、一番おもしろかったです。講師の方のお話がとてもわかりやすかったです。(30代・女性)
車で環境というと、排気ガスが…というイメージが強いが、そのことの原因の一部としてのタイヤの話が聞けて楽しかった。(20代・女性)
会場が少し寒かったです。車を使うので、タイヤはとても身近なもの。北国ではスタッドレスタイヤは必需品なので、その開発などのお話を詳しく聞くことができ、けっこうタイヤは奥が深いものなのだとわかりました。消費者としては、もっとバリエーションがあって、値段ももう少し安ければ、と思っています。(30代・女性)
タイヤとは「消耗品」と考えていましたが、環境や安全を考えて生産されているとわかり、感心させられました。(60代以上・男性)
タイヤのもとのころの駆動の話から、あらためて歴史をたどって技術の話を聞いてみたいと思いました。(40代・女性)
話題の選択は難しいと思いますが、一方面のみでなく、多面的な選択をお願いします。アンケートに希望を入れたら如何ですか。講演が始まる時間は厳守してください。(60代以上・男性)

#サイエンスカフェ