ミトコンドリアのふしぎ|2

冨山房インターナショナル発行  未来を創る本

 

第2回

2006年6月16日(金) 18:30~21:00

『ミトコンドリアのふしぎ』

 

ゲスト:
お茶の水女子大学講師佐々木成江先生

コーディネーター同大学理学部教授 室伏きみ子先生

第2回は、お茶の水女子大学講師の佐々木成江先生をお迎えし、「ミトコンドリアのふしぎ」と題して、ミトコンドリアの不思議な魅力について、コーディネーターの同大学理学部教授 室伏きみ子先生をまじえて話し合いました。
ミトコンドリアは、今から20億年前に私たちの細胞に住みつきました。私たちの体の中にあるミトコンドリアのDNAは、すべてお母さんから引き継いだもの。お父さんのものは、消されてしまいます。そして、ずっと遡っていくと、アフリカに住んでいた一人の女性にたどり着くのです。ミトコンドリアがおかしくなると、いろいろな症状がでます。老化、アルツハイマー、糖尿病、うつ病、がんの転移、肥満など、みんなそうです。ミトコンドリアには不思議なことがいっぱいあるのです。。。

当日は、ミトコンドリアに関する興味深い話題について、活発な意見交換も行われ、またミトコンドリアにちなんだ食材のお菓子もお目見えするなど、満員の参加者との楽しいコーヒーブレイクでした。

 

#サイエンスカフェ