裸足の訪問ー石仏の源流を求めて

冨山房インターナショナル発行  未来を創る本

裸足の訪問ー石仏の源流を求めて

坂口和子

なぜ野の仏に魅せられるのだろうか

野の仏とはじめて出会ってから65年、 石の神や仏に寄せる想いの原点を知りたくて、 東南アジアをはじめ多くの国々を裸足の気持ちで 訪問してきた旅のエッセイ集

<著者紹介>

坂口和子(さかぐち かずこ)

1931年東京生まれ。エッセイスト。日本エッセイストクラブ会員、日本石仏協会会長、『日本の石仏』編集主幹。著書=『奥武蔵の石仏』(文化新聞社、1977)『千手幻影』(言叢社、1984、第15回埼玉文芸受賞)、その他、石仏・郷土史関係の共著多数。

 

裸足の訪問 ー石仏の源流を求めて

定価:1,980円(本体1800円+税)

お求めは、こちらから!

 

 

2019年8月
ISBN978-4-86600-068-8 C0039

読者カード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です