社会力の時代へ─互恵的協働社会の再現に向けて

冨山房インターナショナル発行  未来を創る本

社会力の時代へ─互恵的協働社会の再現に向けて

門脇厚司
資源不足、食糧・水不足、大気汚染、温暖化……。
終末期にある産業社会。
人類社会全体が危機的状況に遭遇している現在、 何が人類社会を救うのか。
すべての人の社会力をしっかり育てることで 【互恵的協働社会】を実現することである。
<著者紹介>
門脇厚司(かどわき あつし)
1940年、山形県生まれ。
1970年、東京教育大学大学院教育学研究科博士課程修了。 専攻、教育社会学。筑波大学名誉教授。現在、つくば市教育長。 主な著書ー『子供と若者の「異界」』(東洋館出版社)、 『子どもの社会力』『社会力を育てる』(以上、岩波新書)など多数出版。

 

社会力の時代へ
ー互恵的協働社会の再現に向けて

本体:1,800円(税別)

お求めは、こちらから!

      

ISBN978-4-86600-048-0 C0037

2018年4月27日

読者カード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です