日本の沖積層 改訂版 ─未来と過去を結ぶ最新の地層─

冨山房インターナショナル発行  未来を創る本

日本の沖積層 改訂版 ─未来と過去を結ぶ最新の地層─

遠藤邦彦 著
一万年前から現代まで堆積してきた地層の形成過程を正確に説く。東京や関東平野を大幅増補!
日本第四紀学会前会長の50年に及ぶ地学、 地質学、地理学研究を集成した大著。
<著者紹介>
遠藤 邦彦 (えんどう くにひこ)
1942年東京都練馬区生まれ。 1965年東京大学理学部地学科卒業。1972年東京大学大学院理学研究科地理学専攻博士課程満了。1972年日本大学文理学部応用地理学科(現 地球システム科学科)講師。1988年日本大学文理学部応用地理学科(現 地球システム科学科)教授。1995年〜華東模範学校(上海市)顧問教授。2001年〜2003年日本大学文理学部自然科学研究所所長。2013年日本大学名誉教授。日本第四紀学会前会長、日本第四紀学会名誉会員、富士学会理事長。主な著者「第四紀」(遠藤・小林、日本地質学会フィールドジオロジー刊行委、共立出版 2012年)、「極圏・雪氷圏と地球環境」(遠藤・山川・藁谷編著、二宮書店、2010年) 。

 

日本の沖積層
ー未来と過去を結ぶ最新の地層ー
改訂版

定価:6,050円(本体5500円+税)

お求めは、こちらから!

  

ISBN978-4-86600-027-5 C0044

2017年4月11日

読者カード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です