和の人間学─東洋思想と日本の技術史から導く人格者の行動規範

冨山房インターナショナル発行  未来を創る本

和の人間学─東洋思想と日本の技術史から導く人格者の行動規範

吉田 善一 著
日本的人間力の探究
東洋思想に立脚して、現在の社会や科学技術に役立つ「和の人間学」とはいかなるものなのかを究明する。
また、そこから導き出せる人格者の行動規範を明らかにして、将来の人材育成指向を明示する。何をよき思想として選び、
それを行動規範としていかに身につけさせるか──【本書の内容】
・江戸の商人道から導き出せる人間力 商人道/陽明学の人間力
・工人道から導き出せる人間力 商人道と工人道/日本型モノづくりの 人間力/陽明学と開物学/具体的な日本のモノづくり精神
・日本精神から導き出せる人間力 古来日本精神/すり合わせ力/共生 き力/向上向下力/仁術力
・行動規範を哲学する 人工物を考える/自然を考える/社会を考える /人間観を考える/世界観を考える
・和魂洋才
・日本における科学・技術の形成
<著者紹介>
吉田 善一(よしだ よしかず) 著
1957年、兵庫県明石市に生まれる。筑波大学物理工学科卒業。 電機メーカーを経て、1995年より山梨大学機械システム工学科助教授。
2000年より東洋大学機械工学科教授、2007年より同大学工学部長。工学博士。
専門は、プラズマ、レーザ、イオンビーム。
主な著書は、「マイクロ加工の物理と応用」(裳華房 1998年)。 「酒井左保の熱学教科書」(冨山房インターナショナル 2007年)。「企業研究者のキャリア・パス」(冨山房インターナショナル 2008年)。

 

和の人間学
ー東洋思想と日本の技術史から導く人格者の行動規範

定価:1,980円(本体1800円+税)

お求めは、こちらから!

 

2014年1月30日
ISBN978-4-905194-67-5 C1010

読者カード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です