スウェーデン 水辺の館への旅 エレン・ケイ『児童の世紀』をたずさえて

冨山房インターナショナル発行  未来を創る本

スウェーデン 水辺の館への旅 エレン・ケイ『児童の世紀』をたずさえて

荒井 洌 著
 <われわれは子どもの心に、美しい糸をていねいに織り込まねばならない>
百年前に『児童の世紀』を著したエレン・ケイの言葉。白鴎大学教授で保育界の第一人者である著者がエレン・ケイのロマンティシズムを旅します。子どもを愛するすべての人に贈る一冊です。 ヴェッテルン湖という大きな湖を南にして、太陽の光がさんさんと降り注ぐまばゆいばかりの丘に、エレン・ケイの過ごした館が建っています。その館から毎日、湖の水平線を目にしていた彼女は、「水平線」という言葉を、希望を表わすものとして使いました。見えない明日を憂いている私たちが、今こそ求めているもがエレン・ケイの思想の中にあります。 美しい写真を多数掲載。作家・落合恵子さんとの対談も収録。

<著者紹介>

荒井 洌 (あらい きよし)著
【1939年】福島県郡山市生まれ
【現在】白鷗大学名誉教授、群馬医療福祉大学大学院教授
NPO法人ほいくゼミナール・21 リーダー
【著書】『スウェーデン 水辺の館への旅』冨山房インターナショナル
『保育者のための 世界名作への旅』冨山房インターナショナル
『エレン・ケイ 保育への夢』フレーベル館
『倉橋惣三 保育へのロマン』フレーベル館
『園をみどりのオアシスへ』フレーベル館
『明るい園生活のための意識改革』明治図書
『ファミリー・サポートの保育園』明治図書
『園生活における知育』明治図書 ほか


スウェーデン 水辺の館への旅
エレン・ケイ『児童の世紀』をたずさえて

定価:2,200円(本体2000円+税)

お求めは、こちらから!

2004/12/12
ISBN978-4-902385-07-6 C3037

読者カード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です