2022年 6月

冨山房インターナショナル発行  未来を創る本

過去の災害から学び、次の災害に備える

甚大な災害から得た教訓を学ぶことで、地域の減災課題を見つけて備えましょう。

また、過去の災害が最大ではなく、想定外を想定する知恵も必要です。

2011年は宮城沖の地震→太平洋東北沖地震の余震

巨大地震後は長期にわたり余震活動が続きます。

新型コロナ感染症対策の一言

テレワーク、テレコミュニケーションの推進。

医療従事者の皆さんはじめエッセンシャルワーカーの皆さんに感謝を

新型コロナ感染症対策については

2022年防災・減災カレンダー Topへ戻る