道元を読み解く

得丸 久文 著 これまでまだ誰もきちんと読みこなしていなかった道元の語録『道元和尚廣録』を徹底的に読み、さらに『正法眼蔵』の記述と比較することによって、鎌倉行化から永平寺に戻ったあとの五年間に道元が仏法を極め、精緻化した…
続きを読む