カテゴリー: 鈴木孝夫研究会

冨山房インターナショナル発行  未来を創る本

鈴木孝夫の世界 第4集 ーことば・文化・自然ー

鈴木孝夫研究会 編 <内容紹介> 2010年3月に「鈴木孝夫研究会」通称「タカの会」が発足して2年。2012年4月で研究会に区切りをつけました。第1回から12回までの先生の講演、軽井沢合宿2回の講演すべてが、ついに、この…
続きを読む

鈴木孝夫の世界 第3集 ─ことば・文化・自然─

 鈴木孝夫研究会 編 <内容紹介> 『ことばと文化』をはじめ数多くの名著を世に送り出した鈴木孝夫氏は、言語社会学者という枠にとらわれることなく、哲学、社会学、心理学、英語学、動物行動学、文化人類学等さまざまな分野に及ぶ考…
続きを読む

鈴木孝夫の世界 第2集 ─ことば・文化・自然─

鈴木孝夫研究会 編 <内容紹介> 鈴木孝夫氏は、『ことばと文化』『人にはどれだけの物が必要か』等の名著を数多く世に送り出してきた言語社会学者です。しかし、学問の枠にとらわれず、哲学、社会学、心理学、英語学、動物行動学、文…
続きを読む

鈴木孝夫の世界 第1集 ─ことば・文化・自然─

鈴木孝夫研究会 編 偉大な言語学者にして、ミリオンセラーの著作ももつ知の巨匠。その魅力を、学者をはじめとして幅広い層が語ると共に、本人の最新の声にふれることができる一冊です。発売と同時に、反響が続々。(編集担当S)<内容…
続きを読む