カテゴリー: 自然・生命

冨山房インターナショナル発行  未来を創る本

いのちのリスク─いのちの危険因子をみつめる

松原純子 著 私たちのいのちを守るために 戦争、自然災害、事故、放射線、有害科学物質、感染症、がん、生活習慣病…… 今まで、どのような原因で、どのくらいの人々がいのちを落としてきたのか。 今、私たちの周りにはどのような危…
続きを読む

アフリカゾウから地球への伝言

中村 千秋 著 アフリカゾウは、私たちを見つめています。 アフリカの大自然から学び、野生動物と人間社会の調和ある共存と共生を問い直す! 地球上に大型野生動物が健全に生活する自然生態系が残っていることはなぜ重要なのでしょう…
続きを読む

生きる力はどこから来るのか─若い人たちへ、この世は見えない力で動いている

梅田 規子 著 この世を動かしているのは、大気の分子を動かす物理現象であり、私たちの心のあり方が集まったものだ。 私たちにとって何が必要か、何が人生に充実をもたらすのかを考える。 〈命のリズム〉シリーズ総集編命のリズムは…
続きを読む

命のリズムは悠久のときを超えて

梅田 規子 著 〈命のリズム〉シリーズ完結!地球上のあらゆる存在物が、その悠久の記憶を内に秘めてこの世に生まれている。 無意識に行われている命の営みは、あらゆる自然界とのバランスの中で進行する。しかも、何十億年という過去…
続きを読む

心の源流を尋ねる ─大気と水の戯れの果てに

梅田 規子 著 命を支えている心とはどんなものなのか。 私たちの動く心、無意識領域の動きは自然の動きと同じ動きを示している! ーことばを通してさらに広い世界を考える「しゃべること、そして声ことばを使うということは、あまり…
続きを読む

ことば、この不思議なもの ─知と情のバランスを保つには

梅田 規子 著 「声ことば」に込められる命のリズム 50年以上にわたる音声の科学的分析を通して、 ことばの不思議さを明らかにする。 ――そこに、 私たちにとって今もっとも大切なことがある!「社会の変化は、この十年あまりの…
続きを読む

植物生態美観 新版

三好 學 著 植物生理学を導入し、「植物生態学」「景観」ということばを初めて使い、桜の研究、天然記念物の保存など多くの業績を残して、植物学の礎を築いた三好學。 植物や自然の捉え方の基本を述べた本書は、現在にこそ生かされる…
続きを読む