カテゴリー: 日野原 重明

冨山房インターナショナル発行  未来を創る本

日野原重明のリーダーシップ論

アンドレア・バウマン 日野原重明 著 原 不二子 訳 現代におけるリーダーシップとは。 職場で、地域で、集まりで……リーダーシップに欠ける現代社会において、多岐にわたるキャリアをこなしておられる日野原重明先生の生き方から…
続きを読む

明日をつくる十歳のきみへ ─一〇三歳のわたしから

日野原重明 著 「今まで言い切れなかったこと、力をこめて言いたいことを書きました。 《いのちと時間》のことです。」いのちとは自分に与えられた時間のことです。 大切なことは――ゆるしの心を持つこと、おとなになったら自分の時…
続きを読む

十代のきみたちへ─ぜひ読んでほしい憲法の本

日野原重明 著 日本国憲法は「いのちの泉」のようなもの。いのちを守るということについて、これほどしっかりとつくられた憲法は世の中のどこにもありません。 人間の根本にかかわることが憲法に書かれています。 この本は、十代のき…
続きを読む

To my 10-year-old-friends from a 95-year-old me

Shigeaki Hinohara Translated by Fujiko Hara with Martin Blakeway 2006年弊社より刊行した『十歳のきみへ  九十五歳のわたしから』。世代を超えて大反響を呼…
続きを読む

働く。 社会で羽ばたくあなたへ

日野原 重明 著 就職活動を控え、不安や迷いを抱えた若者たち。働きながら、 日々、自分を新しく発見する人たちへ。 働くことの意味を考え、問い直す、時代の必読書。『十歳のきみへ──九十五歳のわたしから』を読んで、まっすぐな…
続きを読む

十歳のきみへ 九十五歳のわたしから

日野原 重明 著 日野原重明先生からの、はじめての「子どもたちへのメッセージ」 いのちとは、家族とは、人間とは。若いきみたちに託したいこと。 かつて十歳だったあなたにもぜひ読んでほしい。 1/2成人式を迎えるお子様に、ぜ…
続きを読む