曼荼羅と仏画に挑んだ
小倉尚人 永遠の求道

3,780円

ISBN978-4-86600-065-7 C0071
小倉幸夫  編
すぐれた構図、緻密で完璧な描写と色彩の美しさ
――いまだ世に知られていない天才画家の作品と生涯




<画家紹介>
小倉尚人(おぐら なおと)
1944年に満州(旧地名)生まれ。2009年64歳で世を去りました。
東京学芸大学美術科を卒業後、仏道と画道を「不二の行」として画道に専念し、30歳から40歳にかけて描き上げた抽象曼荼羅の作品(金剛界、胎蔵界各9点、計18点は1点が畳二畳の大きさ)は、「藝 術新潮」や新聞など多くのマスコミにとりあげられました。 しかし「名利は自分の成長の何の役にも立たない」と、社会との関係を裁ち、三十三観音像、羅漢像、釈迦涅槃図など多数の仏画を描き続けました。作品は具象画・抽象画を含め約900点にのぼります。


株式会社 冨山房インターナショナル  〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-3 冨山房ビル7F
TEL : 03-3291-2577 , 2578 / FAX : 03-3219-4866 / E-mail : info@fuzambo-intl.com
このホームページに掲載しているデータ、記事、画像、等の無断複写・転載を禁じます。

Copyright © 2019 書籍 絵本- 冨山房インターナショナル