『都鄙問答(といもんどう)』と石門心学
―近世の市場経済と日本の経済学・経営学

2,592円

ISBN978-4-86600-060-2 C0034
由井常彦


日本的経営の諸原則は石田梅岩にある 『都鄙問答』と石門心学の内容と歩みを説く

『都鄙問答』は江戸時代中期に石田梅岩が著した商人道の古典です。市場経済が訪れた新しい階級の商人に対し、遵守すべきモラルと経営の心得を説いています。梅岩の商人道は、彼の没後、石門心学と称され、全国に伝えられ、身分の差別なく受け入れられました。明治維新後の近代日本においても人々の精神的な基盤となり、現在も『都鄙問答』と石門心学は日本の経済学・経営学の基礎となっています。
<著者紹介>
由井常彦(ゆい つねひこ)
1931年長野県生まれ。東京大学経済学部卒業、同大学院修了。経済学博士。明治大学経営学部教授を経て、現在、財団法人三井文庫常務理事・文庫長、明治大学名誉教授、財団法人日本経営史研究所名誉会長ほか。 〈主な共著書〉『歴史の立会人 昭和史の中の渋沢敬三』『安田善次郎』『豊田喜一郎伝』『日本の経営 産業経営史シリーズ』ほか多数。



株式会社 冨山房インターナショナル  〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-3 冨山房ビル7F
TEL : 03-3291-2577 , 2578 / FAX : 03-3219-4866 / E-mail : info@fuzambo-intl.com
このホームページに掲載しているデータ、記事、画像、等の無断複写・転載を禁じます。

Copyright © 2019 書籍 絵本- 冨山房インターナショナル