69回 2012年9月21日(金) 18:30~20:30

化粧品の感性価値

染谷高士さん
(株式会社アルビオン 研究部部長)
 
image    

image image image
space
image image
space
アルビオン化粧品、多用しています(スキフン、ハーバルオイルなど)。今日のお話をお伺いして、背景を知ることが出来、とてもよかったです。経験デザインは、どの業界のデザインでも、重要視されています。化粧品の世界でも大切なんですね。
先日までメーカー(外資)でマーケティングリサーチと官能評価を担当しておりました。リサーチ結果、官能評価と売上とは必ずしも一致せず、ヒトの感性の難しさを感じております。まずは作り手、売り手側が感性価値を製品に見出す必要があるなあと思いました(こういう「感性価値」が、外資企業では本社の者に伝わらず、苦労しておりました…)。
面白かったですが、宣伝が長いです。
消費者の感覚によって、かなり売上が左右される化粧品ならではの「感性」のお話、とても興味深かったです。普段サイエンスの勉強ばかりしている学生の身としては、非常に新鮮でした。ありがとうございました。
化粧品と薬は違うので、薬効があると薬になってしまう。まったく薬効がないと意味がない。その境目がむつかしいと思う。僕は、光トポグラフィーなどの脳の測定器等を作っている電子機器の開発職人なので、サイエンスの部分は理解できますが、感性の部分がまったく欠けています。勉強になりました。脳波計や心電計、しわ取り器等も作っています。何かおもしろい研究の手伝いが出来れば楽しいかなと思います。
デザートがvery good!
サイエンスになりにくい(と思っていた)感性の話がおもしろかった。まだ発展途上の分野で、今後の進展に期待したい。何かの出版物が出ることを待ちたいです。
「感性マーケティング論」、左脳、右脳価値の部分がとくにおもしろかったです。特にトヨタの右脳価値をデータ化(左脳価値への変換)に興味があります。この辺の部分をもっと聞きたいです。
アルビオンのお名前は知っていましたが、商品をまったく知りませんでしたので、もう少し広く顧客層を取り込まれるように努力されたら、と希望いたします。これからのテーマに期待?昨日聴いたばかりですが、最近宇宙船等の塗装でガイヤ塗装という方法が一般の家の塗装に使われだしました。外壁に塗ると外の熱を伝えず、部屋に塗ると鉄筋の家の冷暖房の効果を上げるとのこと、またマイナスイオンを発生するとか、上手く伝えられませんが、なかなか興味深い話でした。
もう少し遅めにしていただけるとうれしいです。"場所"としては、とてもよいです
非常にオリジナリティの高いデザートに感動しました。


▲ページの先頭に戻る
株式会社 冨山房インターナショナル  〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-3 冨山房ビル7F
TEL : 03-3291-2577 , 2578 / FAX : 03-3219-4866 / E-mail : info@fuzambo-intl.com
このホームページに掲載しているデータ、記事、画像、等の無断複写・転載を禁じます。

Copyright © 2017 書籍 絵本- 冨山房インターナショナル