58回 2011年12月16日(金) 18:30~20:30

「東日本大震災と原発事故に学ぶこと


柘植綾夫さん(芝浦工業大学学長、日本工学会会長)
 
   



space
space


今後の発電リソースの提言に関しては、科学的事実をふまえ、もっと踏み込んだ提言をしてもよいのではないか。特に原発に関しては、現実に基づいてもっと国民を啓発していく姿勢が必要。政治家が世間の「空気」を気にするのは致し方ない?が、科学者がそれをしてはダメだと思う。「それでも地球は回っている」と発言する責任。
日本のエネルギーの選択肢の中で、アジアとの協調は絶対に必要。次々大陸からNOX、SOXが日本に分散されている。国家優先と人間優先の間の倫理の持ち方の違い…どうする?
学術会議はいろいろと提言はされていますが、それが国民に対してどのような影響を与えているのか見えにくいと思います。今回の原発事故で子供への放射能汚染を危惧する保護者の方々の中で、組織の存在を知っている、活動を知っているという方々の割合についてご存知ですか?
本年のカフェに4回以上参加している中で、一番良かった。


▲ページの先頭に戻る
株式会社 冨山房インターナショナル  〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-3 冨山房ビル7F
TEL : 03-3291-2577 , 2578 / FAX : 03-3219-4866 / E-mail : info@fuzambo-intl.com
このホームページに掲載しているデータ、記事、画像、等の無断複写・転載を禁じます。

Copyright © 2017 書籍 絵本- 冨山房インターナショナル